駆ける結果誇りがついた

ボクが得意とすることは、駆けることだ。武器といっても極上手早いわけではない。高校リアルは陸上部で遠路を通じていた。そのシーズンにあたって話していきたいといったおもう。
ボクは、中学生の時分も陸上を通していたが短距離だった。400mのアスリートとして活躍して市では至高早いほどになった。陸上は思い切り面白く高校も決めると決めた。但し、高校で陸上を通してみると私の底力では周りについていけなかった。同級生の取り分け至高遅く、陸上を辞めようとまで受け取るようになった。ただし、数々や名手に遠路に誘われ、ここで転向したのです。やってみると取り敢えず周りについていけなく特別遅かった。なので、ボクは毎日の教育をいっぱい頑張り続けた。とある教育のお日様にOBの皆さまと共にペーランをやったのだが、そちらの時点で同級生の中では至高最後までついて行くことができた。嬉しくて教育にもぼくが混じるようになり。急イノベーションをとげ、3年生いなったときは目玉となった。
こういう出来事があったからこそ今日は自信を持って往年を向いて結びつくことができるのだと思う。ボクは走ることが得意で好きだ。びかんれいちゃ