自宅で好きな動画

昔は自宅で好きな映画を見えるお日様が来るとは思っていなかった。ティーンエージャー、二ティーンエージャーの頃の欲といえば、家屋に地中室を作り、そこをちっちゃな映写室にして映画のフォトを買って上映始めるという物品。特別地中室でなくとも良いのだが、何となくそれの方が感触。とにかく住居を築き上げるという実態(それもスゴイ大変なこと)から始まって、実に事が出来たとしても、おいそれと映画フォトを貰うわけにもいかないだろう.
まるでどこで並べるのか? 
買えたとしても一本の映画のフォトといったらそれだけでリールで五六誌食い分になるから、取り込みも桁外れに事を作るから、やけに本当の夢の欲であった。
それから何十歳かたち、世の中にVというものがぽつぽつと出始めたが、そういった新しいソフトウェアの発達、そして頑強の浸透は予めスケベな物品からというのが馴染で、レンタルビデオも初めのうちはその根本の物品ばかりであった。AVを略してわずかVといえば婀娜とイコールであるという状勢が長く続いたのである。
勉学の視聴覚教室のことをAV部屋と呼んでいた時分があった。AVといえばすなわちスケベのAVで、オーディオヴィジュアルの省筆であるとは誰も思わないような時代だったので、妙な肩書きですなと思ったものだ。
それは余談だが、とりあえず普通の映画などのレンタルが始まったのは大変あとになってからの内容です。レンタル用のVのツアーを見ると二万円ほど近いプライスが書かれていたから、個人でコレクションしておるお客は主としていなかったのではないか。
当時小林信彦がアメリカに行ったらV屋というのがあって、過去の名作でも何でもVになっていて、それも割りと買い易いプライスであったので上機嫌したというようなことを書いているのを読みうらやましく思ったが、ちょっとVを買いにアメリカまで行くブランクも乏しい。色川武大(阿佐田哲也の実態)が家屋に膨大な総量のVを所蔵していて、当時の日本での映画コレクトとしては有数の物品だったとうことを何かで読んだときも羨望を禁じえなかった。萬勇鞄ランドセル